ホーム ROOTs 【夢の対談】パリピ選手権覇者あやまんJAPAN×今流行りの学生コミュニティーRoots創設者 駒谷大介。今の若者を切る。

【夢の対談】パリピ選手権覇者あやまんJAPAN×今流行りの学生コミュニティーRoots創設者 駒谷大介。今の若者を切る。

0
【夢の対談】パリピ選手権覇者あやまんJAPAN×今流行りの学生コミュニティーRoots創設者 駒谷大介。今の若者を切る。

 

今回は!?

なんと、、、

 

あやまんJAPAN×Roots創設者 駒谷大介

 

夢の対談が実現です。

 

今回対談をするのは、

“パリピの元祖”

あやまんJAPAN 選抜チームと

“若手パリピ代表”

実業家 駒谷大介さんです。

 

あやまんJAPAN とは

『ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー』の踊りと

合言葉で社会的ブームを作りました。

その勢いは留まることを知らず、

アベマTV主催パリピ選手権の覇者でもあります。

そんなあやまんJAPANからは代表であるあやまん監督。

金玉推進部、たまたまこさん。

おっぱい管理部、サムギョプサル和田さん。の3名です。


駒谷大介さんは

イベントやフェスを主催する環境”Roots”出身の方です。

“Roots”とは会員数1200人、

年間2万人の動員を誇る日本有数の”パリピ”な環境です。

 

駒谷さん、現在は現場を退き

“Roots”を運営する大学生の

キャリアの支援をするため

株式会社CAREER PLANNINGを創業し、代表を務めています。

 

 

 

あやまんJAPANの今

 

一同「カンパーイ」

 

駒谷 これウォッカじゃないですか笑本日は宜しくお願いします。

 

あやまん 乾杯はお酒に決まっているじゃないですか。こちらこそ宜しくお願いします。

 

駒谷 さすがですね。では早速なんですけどあやまんJAPANさんは最近はどんな活動をされているんですか?

 

あやまん もちろん枕営業です。笑

 

駒谷 え笑枕営業以外にはどんな活動をされていますか?

 

あやまん この前のRoots主催フェスなどのイベントや企業の懇親会、結婚式の宴会などに出て盛り上げたり時には高校生の卒業式の後に呼ばれたこともあります。

 

そして株式会社あやまんJAPANを立ち上げ、ち○こが元気じゃないと仕事も元気にできるわけないので日本のいろんなところを盛り上げるために日本中飛び回って色んなものを盛り上げています。

 

駒谷 ものすごく多忙ですね。これからも日本を一緒に盛り上げたいですね!

 

Roots主催フェスの出演を経て。

 

駒谷 盛り上げることがお仕事ということで以前、Roots主催フェスにご出演していただいたのですがいかがでしたか?


企画から運営まで実際に学生が主体となって行ったので反省点などがあれば教えていただきたいです。

 

あやまん 正直すごい驚きました。20代のころから六本木や新宿で遊んでたんですけどあんなに人が外に並んでるの初めて見ました。到着したときどっかなんかすごいことやってるのかと思ったら自分が出演する会場だったんで驚きましたよ。新宿の会場も人の熱気?なんか雰囲気がもうすごくて気が付いたらこっちもテンション爆上げでした。あれだけの規模のフェスを何で学生で全部やっているんですか?

 

駒谷 日本の現代社会を盛り上げる若者に自信、可能性、感謝を実現できる能力をつけてほしいと思ってフェス事業をやってもらってます。一見バイトなどでお金は稼いでいますが実際に自分の力で報酬は払われているわけではありません。よく「感謝の量」って表現を僕はするんですけど楽しいものを提供し、「ありがとう」という言葉とともにお金をもらう。かなり新鮮な感覚だと思います。

 

あやまん それはすごく素敵ですね。

 

今の若者に対して

教育は何が正解なのか。

 

駒谷 お互いに自分より若い世代に教育ってものをしていくと思うのですが心がけているようなことはありますか?

 

あやまん そもそも教育してるという感覚がないですね。しかも私は怒るのが苦手だったりあんまりはっきりと言えないんですよね。だからあやまんJAPANは圧倒的な現場主義です。教えたりするよりは自分の姿を見て成長してほしい。実はあやまんJAPANってマニュアルみたいなものがないんです。あやまんJAPANに入るにはポイポイが踊れればすぐに現場(飲み会)のような席にはすぐに出ることができます。とりあえずやってみてそこでついてこれるかによりますね。ステージで輝ける子もいれば、飲み会で輝く子もいる現場に出ることでそれが見えてきて実際に選びますね。

 

駒谷 現場主義はすごく重要ですよね。僕らの環境では現場での競争を促すことで個性、自分の武器を育ててもらっています。ナンバーワンを目指すうえで自分なりのオンリーワンを探すといった感じです。なので間違っていたりする子に対しては諭す意味として多少怒ったりはします。

 

あやまん 競争は男性ならではですね。改めて成長は現場からですね。

 

今の若者は動けるかどうかにかかっている。

 

あやまん 正直、20代くらいの今の若者っていうものがわからなくてその世代とかかわりのある駒谷さんはどんなイメージを持っていますか?

 

今の若者がTikTokとかにハマっている理由がわからなくて、、、

 

駒谷 結論から言って二極化が進んでいると思いますね。これは単純に元気がある子と無い子という感じですね。昔に比べてなるもの、なれるものなどの選択肢が増えたことで活発に動ける子と何もしない子が増えましたね。

 

動ける子がTikTokに動画を出して動けない子がTikTokを見てる子達というイメージですね。

 

やっぱり始めたもん勝ち、行動したもの勝ちだと思うので見た人には何でもいいから行動してほしいと思います。

 

あやまん 二極化ですね。確かに行動はものすごく大切だと思います。特に飲み会には行ってほしいですね。

 

飲み会は絶対に行くべき。

 

駒谷 今の時代飲み会などもアルハラなどと言われてしまうご時世ですがどんな考えを持っていますか?

 

あやまん 結論として、飲み会は大事だと思います。よくも悪くも人の本性が出る場だと思います。人に迷惑をかけたり、店に迷惑をかけたりしてはいけませんが行くことは大事だと思います。

 

逆に今パリピっといわれているような人種にはパリピ選手権初代王者として行きたいと思ってない人も巻き込んで楽しませてこそパリピ。駒谷社長たちのようなパリピといわれるような存在は今はすごく重要だと思います。

 

駒谷  何か今のパリピたちが参考になるようなエピソードはありませんか?

 

あやまん わかりました。実はあやまんJAPANがテレビに出るきっかけが飲み会でした。

 

駒谷  その飲み会で何があったんですか?

 

あやまん その時はテレビ局の人を通じておぎやはぎの矢作さんと飲み会をし、そこでこの子達面白いなと思ってもらえて、その後テレビ番組に推薦されて出演できそこがきっかけでブレイクを果たせました。

 

駒谷 それはすごいですね。そうしたらあやまんJAPANさんみたいな未来のスターを発掘するために飲み会など企画してみませんか?面白いものができると思います。

 

あやまん 是非、やりましょう。

 

あやまんJAPANに入れる!?

 

駒谷 僕も経営者として気になるんですが株式会社あやまんJAPANってどんな会社なんですか?

 

あやまん シンプルに言うとほんとに盛り上げることを仕事のしている会社です。今日対談しているレギュラーメンバー以外にも全国にユース生が50人ほど在籍しています。このご時世世の中が高齢化しているようにあやまんJAPANも高齢化の波が来ているんですよ。

 

駒谷 高齢化の波ですか。僕のところは世間から見たら若すぎるかもしれません。実際にどんな人にあやまんJAPANにに参加してほしいんですか?

 

あやまん 大学生でも誰でも大歓迎です。自分に自信を持っていて一芸に秀でていればなんでも。ほんとに何でもよくてたまこなんかも金玉が好きだったから入ったし、和田ちゃんもおっぱいが大きいからおっぱい担当だし何でもいい。

 

これが記事になって「あやまんJAPAN入りたい」って子がいたら教えてほしいです。

 

駒谷 絶対にパリピ大学の視聴者さんにいますよ。僕も女性なら入りたかったです。

 

あやまん それなら本当に嬉しいです。

 

駒谷 本日はありがとうございました。

 

あやまん こちらこそありがとうございました。

 

 

まとめ

 

今回、あやまんJAPAN×駒谷大介ということで対談していただき行動の重要性、そして経営者と有名人から見た若者を知ることができました。僕らパリピ大学もさらに行動しこのメディアを有名にしていきたいと思いした。御二方には今回対談を行っていただき感謝しかございません。本当にありがといございました。

 

パリピ大学一同

 

駒谷大介からのスペシャル特典

今回、対談してくださった駒谷大介が粋な計らいで

読者のためにとiTunesカード1,500円を5名様に抽選でプレゼント!!

 

〜抽選方法〜

1.駒谷大介のTwitterアカウントのフォロー

2.この記事をTwitterに投稿した方

駒谷大介のTwitterアカウントはこちらから

 

そして!?

リツイート数が一番多いツイートをできた方に

iTunesカード3,000円をプレゼント!

 

一番目指していきましょう!!

どしどし応募お待ちしております!

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here