Interview

鈴木社長ってどんな人? 1994年、東京都生まれ。 高校卒業後、大工専門の工具店勤務を経て、総合広告代理店、人材派遣会社など様々な業界に飛び込む。 2016年7月、TOP NEXT株式会社を設立し、同社の代表取締役を務める。 高校を卒業後、大工専門の工具店に就職し、販売員として勤務。朝の5時から夜の21時までの16時間の間は、全力で働き、現場で営業力を一心に磨く。しかし会社が順調に成長し11店舗目を出すという段階で、お客さんを優先したい自分と利益重視のお店で意見が衝突し、総合広告代理店に転職。その後自分で起業したものの経営が上手くいかず、人材派遣会社に入社。平日も休日も関係なく、遊ぶことは一切辞め、3-4時間程度の睡眠で経営を死ぬ気で学ぶ。その後再度会社を立て直し、2年で年商5億強を達成した。 TOP NEXTってどんな会社? 現在TOP NEXT株式会社では、「これからの時代を生き抜く適応力を。」をビジョンに、人材派遣会社として、セールスプロモーション/イベント企画/アウトソーシング/不動産取引/人材コンサルと幅広く事業を扱っています。会社立て直し2年で年商5億円を達成した、破竹の勢いで急成長している会社です。 当社の強みは、クライアントとの仕事で圧倒的に成果を出せるスタッフを多く抱えていることです。例をあげると、インターネットやモバイルの店頭販売などで全国一位の売り上げを達成するというように、実際に現場で数字として件数を叩き出せる人が多いので、クライアント満足度も非常に高く、お客さんがお客さんを呼んでくれるのでここまで成長を続けることができました。また経営陣も各分野で圧倒的に突出した能力を持っている方ばかりなので、適材適所が実現されています。僕も経営に関しては一流だと思っております。
本記事では、波乱万丈のキャリアを経て21歳で起業し、数多の事業を成功に導き、23歳で年商三億円を達成したTOP NEXT株式会社 代表取締役 鈴木恭介社長独占インタビューを公開します。鈴木社長の事業立ち上げまでの経緯、考え方だけでなく、どのような会社なのかをリアルなエピソードを交えて赤裸々に紹介します。 略歴 高校卒業後、大工専門の工具店勤務を経て、総合広告代理店に転職。1994年、東京都生まれ。2016年10月ニューストリーム株式会社に入社。2017年8月TOP NEXT株式会社を設立し、同社の代表取締役を務める。 鈴木社長ってどんな人? 社会人になってからの経歴を教えていただけますでしょうか? 高校を卒業後、大工専門の工具店に就職し、販売員として勤務しました。朝の5時から夜の21時までの16時間の間は、全力で働き、現場で営業力を一心に磨きました。しかし会社が順調に成長し11店舗目を出すという段階で、お客さんを優先したい自分と利益重視のお店で意見が衝突し、関係がこじれてしまいました。ちょうどそのタイミングで、副業でやっていた健康食品販売で親睦のあった社長さんの紹介で、総合広告代理店に勤務することになり、その後1社目の人材派遣会社を立ち上げたものの経営が困難だったため、一度ニューストリームでの勤務を経て、起業し、現在はTOP NEXT株式会社の代表取締役を勤めております。 ありがとうございます。数年の間に波乱万丈な経歴で驚きました。一つづつ詳しくお伺いしたいのですが、まずは起業に到るきっかけを教えていただけますか? 子供の頃から、銀座でラウンジを経営している父の背中をみて育ったので、ビジネスに対しては早い段階で興味はありました。中学当時は学校でも比較的冴えないキャラだということもあり、社長になれば何か変わるんじゃないかとは思っていました。当時は漠然と、モテたい、タワマンに住みたいというような望みはありましたね。そして高校卒業後に工務店で働いてる間も、自己啓発や時事問題など常にビジネスに関する情報に関してはアンテナを貼っておりました。そして当時、付き合っていた彼女がいたんですけども、いわゆる育ちの良いお嬢様だったので、結婚するなら向こうに苦労させたくない、高い生活基準のまま一緒にいられるように、立派な男になってお金を稼がなければならない。というのも起業の動機の一つとしてありましたね。 現在の爽やかなお姿から、中学当時は冴えないというのは意外でした。しかし、就職後も常にビジネスに関するアンテナを貼られてたということや、彼女を幸せにしたいという原動力があったことにも驚嘆です。失敗されたという、1社目の会社立ち上げについてお伺いしても良いでしょうか? 工務店と広告代理店での勤務の後、ちょうど21歳の時、通信の人材派遣会社を設立しました。しかし業界や経営に関しての造詣が浅く、半年ほど社長職をしたものの上手くいかない。そこで当時、親睦のあったニューストリームの社長さんから、「うちに入社して経営を勉強しないか?」というお誘いを受け、二つ返事でお願いしました。ニューストリームでちょうど一年間程勤務した後、当初の目標通り、社長にTOP...

HOT NEWS

81フォロワーフォロー