Interview

  2月7日に新木場STUDIO COASTで開催され、大成功を収めた学生最大規模のイベント「ETERNAL TOKYO 2020」その成功の背景にはETERNALを引っ張ってきた3人のリーダーの存在がありました。今回特別にその3名のリーダーにお話を聞くことが実現いたしました。 これからの時代で必要となってくるリーダーとしての資質や能力。大規模ながら成功に至った秘訣や将来のお話、普段考えていることまで深くお聞きしていきます。 経歴紹介 【竹原甲斐斗(たけはらかいと)】1997年10月16日生まれ、東京都出身。地元公立中学校から高校時3年間NZ(ニュージーランド)へ単身留学。英語も話せず、外国人に揉まれていく中で「このままじゃダメだ」と一念発起。子供の頃から思い描いていた経営者になると決めビジネスの道へ。OBに一流経営者が多い中央大学へと進み経済学を学ぶ。 20歳でビジネスを始め2年で年間数億が動くインキュベーション事業のTOPへ。2019年には、応募者殺到のRecruit Audition(就活イベント)も生み出した。座右の銘は”猪突猛進”勢いを殺さず突き進む。 【近藤涼(こんどう りょう)】1996年12月10日生まれ、千葉県出身。「楽しいこと優先でしょ!」が口癖。自分の周りの最高の仲間と最高にワクワクする未来を創るためにイベント事業に取り組む。自分のレベルを上げ、それを自分について来てくれる仲間達に繋げていく。もっとレベルの高い"楽しい"を追求していく。 【鈴木拓(すずき たく)】1997年9月5日生まれ。福島県会津若松市出身。大学進学と共に東京に上京。夢もなく、適当に過ごしていた日々に飽き、大学2年生で事業に出会う。様々な経験を経てイベント事業で成功を収めた。現在は7団体を統括し、年間数千万の売上を叩き出す。モットーは’’自己成長を追い求め、常に前を向く人生を生きる’’こと。現状に満足せず、日々精進している。   ETERNALという一大イベントを終えて
  加賀裕也(かが・ゆうや)株式会社ANITA代表取締役社長。大学時代まで野球を続けITコンサル会社へ就職。社長になりたいと決意し入社一年目の1月に退社。「世の中をカッコ良くしたい」という信念のもとに2019年6月に株式会社ANITAを設立。創業後わずか1ヶ月でオーダースーツ業界で売り上げ日本1位を達成した今注目の若手経営者である。   なぜ経営者になろうと思ったのか? 社長になりたいって思ったのは大学生の時です。ずっと野球をしていたのですが大学生の時にプロ野球選手にはなれないと気がつきました。そこでプロ野球選手になれないのであれば年収で負けたくない。また自分にしか作ることのできない価値というものを社会に与えたいと思ったからです。 起業したいという気持ちを加速させてくれたのはお世話になっている駒谷さんのお陰です。いろんな人にぶっ飛んでいると引かれていた自分に「一緒にシリコンバーレーを作ろう」といってくれた人物です。駒谷さんのおかげでこの若さで経営者になれたんだと思います。 世の中の人を魅力的に ANITAを設立したきっかけは日常の中にありました。
今回は2/7に5000人規模のイベントを開催予定であるETERNAL TOKYO 2020(http://eternalofficial.jp)をリーダーとして引っ張る3名の方にお話を伺うことができました。 その3名の方とは五十嵐啓翔(いがらし・ひろと)さん、甲府方友仁(こうふかた・ともひと)さん、三宮怜飛(さんぐう・れいび)さんです。3名とも大学生という世代の中でビジネスとしてフェスを運営する学生コミュニティ”Roots”に所属し今回のETERNAL TOKYO 2020をリーダとして1000人以上の学生を引っ張っています。 そこで今回はETERNAL TOKYO 2020に絡めて考え方やリーダーについて切り込んでいきます。 〈聞き手=岩井佑樹(MOREDGE編集)〉 【五十嵐啓翔(いがらし・ひろと)】 1998年11月20日生まれ、福島県出身。高校を卒業後、大学に進学のため上京。夢に見た理想の大学生活と、実際の大学生活に大きなギャップを感じ、自分探しの旅に出る。色々な紆余曲折を経て出会ったのが、"イベント事業"。 多くの友達や知り合いに足を運んでもらい、一人一人のニーズにあった価値(楽しさ)を提供するサービスだ。今もこれからも、"自分は誰にどんな価値を(何を)与えられるか"を追求している。ETERNALではRootsの認知を広めるために主にPR活動を担う。 【甲府方友仁(こうふかた ともひと)】 1999年4月23日生まれ、岩手県一関市生まれ、東京都世田谷区育ち。 3月の後期試験で今の大学に入学し、大学に行く目的もなく周りの学生と共にありきたりな学生生活を過ごす日々、それに嫌気を感じていたのはもちろん、自分の第一志望の進路に今まで進んだことがなく2〜3年後ではあるが目の前に感じた就活に危機感を覚える。 そんな時期にこの環境に巡り合い、事業を通して能力だけではなく人としても成長できるrootsに僕は没頭する日々となった。 三宮 怜飛(さんぐう れいび)さん 【三宮怜飛(さんぐう・れいび)】 1999年12月3日生まれ、東京都福生市出身。あだ名は名前の「三」と「怜」をとって「さんれい」です。自分で作りました。発言、行動、立ち振る舞い、何から何まで目立つ私は現在《有名になる》事を目標にイベント事業に取り組んでいます。自身のブランディング、起業の成功のためにイベント事業を捉えて学びながら結果を出し続けている最中です。暇さえあれば酒を飲み自分にコールを振り、自身の底上げをしている。が、そろそろ限界見えてます。
鈴木社長ってどんな人? 1994年、東京都生まれ。 高校卒業後、大工専門の工具店勤務を経て、総合広告代理店、人材派遣会社など様々な業界に飛び込む。 2016年7月、TOP NEXT株式会社を設立し、同社の代表取締役を務める。 高校を卒業後、大工専門の工具店に就職し、販売員として勤務。朝の5時から夜の21時までの16時間の間は、全力で働き、現場で営業力を一心に磨く。しかし会社が順調に成長し11店舗目を出すという段階で、お客さんを優先したい自分と利益重視のお店で意見が衝突し、総合広告代理店に転職。その後自分で起業したものの経営が上手くいかず、人材派遣会社に入社。平日も休日も関係なく、遊ぶことは一切辞め、3-4時間程度の睡眠で経営を死ぬ気で学ぶ。その後再度会社を立て直し、2年で年商5億強を達成した。 TOP NEXTってどんな会社?   現在TOP NEXT株式会社では、「これからの時代を生き抜く適応力を。」をビジョンに、人材派遣会社として、セールスプロモーション/イベント企画/アウトソーシング/不動産取引/人材コンサルと幅広く事業を扱っています。会社立て直し2年で年商5億円を達成した、破竹の勢いで急成長している会社です。 当社の強みは、クライアントとの仕事で圧倒的に成果を出せるスタッフを多く抱えていることです。例をあげると、インターネットやモバイルの店頭販売などで全国一位の売り上げを達成するというように、実際に現場で数字として件数を叩き出せる人が多いので、クライアント満足度も非常に高く、お客さんがお客さんを呼んでくれるのでここまで成長を続けることができました。また経営陣も各分野で圧倒的に突出した能力を持っている方ばかりなので、適材適所が実現されています。僕も経営に関しては一流だと思っております。

HOT NEWS

134フォロワーフォロー