Recruit

大学3年生のみなさん、この夏、サマーインターンシップには参加しましたか?また、大学1.2年生のみなさんはサマーインターンがどのようなものなのか気になりますよね?大学三年生の筆者は、旅行会社のインターンシップに参加してきたのでその一部始終をご紹介します! 1.約8割の学生が参加するサマーインターンシップ 1-1.インターンシップとは 簡潔にいうと、インターンシップとは「就労体験」です。企業側が学生に対し職業体験を行う場を提供し、学生が実際に働くというシステムです。ただいきなり社員さんと同じように働くのは難しいため、短い期間でより会社を理解してもらえるようにしたり、やりがいを感じてもらうために特別なプログラムを組む場合も多々あります。その中でサマーインターンシップは学生の長期休暇期間である8~9月に行われることが多く、1日~2週間程度という短期間で実施され、約8割の学生が参加しています。 1-2.インターンシップの目的 インターンシップを行うメリットをいくつかあげると、①社会人や企業がどんなことをしているのか理解できる②就職活動に慣れる③自分の行きたい業界や職種がわかる④自分がやるべきことが明確になるなどがあります。またこのようなことを学べることに加え、インターンシップに参加していない他の学生より就活に有利になることもあります(例えば、インターンに参加した学生は最終面接からスタートなど)。しかし、インターンには事前に面接や選考会が行われる可能性もあります。 1-3.インターンシップとアルバイトの違い インターンシップもアルバイトも同じく企業が提供した場で働くものなので、似て非なるものです。ここでは共通点と相違点をまとめました。
【KAOAWASE】とはMOREDGEが提供する、今勢いのある企業の社長と実際に”顔を合わせて”会って話すことができるサービスです。社長と実際に会って話してみたいけどどうやって会えるのかわからないそんな悩みが皆さんあるかと思います。この記事をみてぜひ実際にお会いしてみてください。今回の社長さんはこの方です。 TOP NEXTの代表取締役 鈴木社長 1994年、東京都生まれ。高校卒業後、大工専門の工具店勤務を経て、総合広告代理店、人材派遣会社など様々な業界に飛び込む。2016年7月、TOP NEXT株式会社を設立し、同社の代表取締役を務める。 高校を卒業後、大工専門の工具店に就職し、販売員として勤務。朝の5時から夜の21時までの16時間の間は、全力で働き、現場で営業力を一心に磨く。しかし会社が順調に成長し11店舗目を出すという段階で、お客さんを優先したい自分と利益重視のお店で意見が衝突し、総合広告代理店に転職。その後、自分で起業したものの経営が上手くいかず、人材派遣会社に入社。平日も休日も関係なく、遊ぶことは一切辞め、3-4時間程度の睡眠で経営を死ぬ気で学ぶ。その後、再度会社を立て直し、立て直し2年で年商を5億円強を達成した。 【TOP NEXTってどんな会社?】

HOT NEWS

81フォロワーフォロー