Recruit

コロナウイルスの影響で、就職活動での面接が対面ではなくwebで行われるようになりました。対面の方が「気持ちが伝わる」「平等性があった」などと、web面接に対してマイナスな意見もちらほら聞こえてきます。しかし、web面接ならではのコツを抑えて望めば、あなたにとってある意味チャンスかもしれません。
世の中が多大なるコロナの影響を受けている中で、就職活動もその一つとして挙げられています。採用数が減らされている…そんな噂も耳にする中で、みなさんの就活は思い通りに進んでいますでしょうか?今日は面接での必勝法をいくつか紹介したいと思います。
①「企業の医者」コンサルタント職とは。 その名の通り、企業の経営課題に対し「IT」を活用して提示するのがITコンサルタントの役割となります。昨今では、IT無くして企業の経営・業務は成り立たないほどITの重要性は非常に高まっており、ITを活用した業務改善、組織改編などのコンサルティング案件が非常に増えている状況です。 ①具体的な仕事内容 具体的な仕事内容としては、ITコンサルタントの基本業務の一つは「情報収集」であると言えます。ITコンサルタントはクライアントとなる企業に派遣され、ビジネスや業務内容について深く理解し、どこに課題があるのかを見極めなければいけません。そのためにはクライアントの業界や業種、市場動向などありとあらゆる情報を知っておく必要があります。とはいえ一人の情報量だけでは限りがあるので、ITコンサルタントは、各分野のスペシャリストを集めたチームを組んでクライアントの課題解決に臨む場合が多いです。 チームで見つけたクライアントの課題をIT技術でどう解決していくか考え、提案していきます。提案が採用され、システムが導入されたあとも、ITコンサルタントがシステムの運用や改善の責任者となる場合もあります。 ②細かい業務 それでは細かい業務を見ていきましょう。ITコンサルタントの中でも以下のように細かく業務が別れています。 (1)IT戦略策定やIT組織立ち上げ、ITデューデリジェンスなどのIT企画/戦略工程を担うコンサルタント(2)ビックデータ、Webマーケティング、モバイルを使った業務改善提案をするデジタルコンサルタント(3)ERP導入やSCM・CRMシステムの導入支援など、システムPJTのPMOを行うコンサルタント(4)ITのインフラやアウトソーシング、資産管理などを担うコンサルタント(5)ITに関する、リスク管理、セキュリティー対策を行うコンサルタント このようにITコンサルの中でもまたさらに細分化され、個々が強みを発揮できる場所で働いています。
1.流行りを生み出す しばしば、「企画・マーケティング」という形で一括りにされていることも多い「企画」と「マーケティング」。ですが、大雑把に分けると「企画」はサービスや商品を生み出す仕事、「マーケティング」は、サービスや商品を売り込む仕事、となります。ただ、もう少し細かく言うと、マーケティングの中に企画が含まれると捉える人が多いそうです。 ①商品企画マーケットに今求められているものは何かを消費者調査などを基に考え、競合会社の商品ラインナップなどを調査しながら、新しい商品やサービスを作り出す仕事です。何もないところから新しいものを生み出すことは、決して簡単なことではありません。だからこそ、得られるやりがいは何にも替えがたいものになることでしょう。 ②営業企画・販売促進商品、サービスを拡販するための営業手法や販促施策を考える仕事です。商品企画が誕生させた新しい商品やサービスを消費者の目にとまるような工夫をし、商品を買ったり、サービスを受けたりしてもらうための戦略を立てます。いわゆるプロモーションとよばれるものです。 ③市場調査・分析商品企画、営業企画、販売促進のベースとなる市場データを集めて、分析し、その結果を基に「どんな商品やサービスを作れば市場に受け入れられそうか」「どんなエリアが狙い目で、どのような営業戦略を立てればいいか」の方向性を示す仕事です。 ④広報多くの人に商品・サービスの魅力を伝えるため、広告戦略や広告デザイン、広告を出す媒体などを検討する仕事です。新発売のペットボトルのお茶の広告・宣伝では、商品のターゲット層に置いた若者に商品のことを知ってもらい、買ってもらうために、どんな広告を作っていくかを考えます。商品のコンセプトやターゲット層と照らして、起用するタレントやどんな世界観を広告で表現するかを検討していくのです。 このようなそれぞれの仕事が組み合わさって事業が成り立っています。マーケティングには企業の様々な部門に関する幅広い知識、情報の収集・分析能力、幅広い知識が求められるため、ほかの部署で経験を積んだ社員が配属される方が一般的です。 2.0から作り出す楽しさと厳しさ ⭕️やりがい ①「企画部門」・0から物を生み出す商品開発などの場合、何もないところから出発し商品というカタチにたどり着くまでに、多大な時間と経費、努力が必須です。だからこそ、苦難の末に、自らが関わった商品が誕生し、店頭に並んでいるのを見た時は、感無量で大きな達成感を味わえます。 ・世間からの反響自らが商品を生み出した喜びは、社会からの高い評価が加わることで、一層大きなものになります。自分の生んだ商品が売れていくのを目の当たりにしたり、消費者による商品ランキングの上位に入ったり、各種のメディアなどで客から「いいね!」の声が集まったりしたとき、大きなやりがいを感じるでしょう。
大学3年生のみなさん、この夏、サマーインターンシップには参加しましたか?また、大学1.2年生のみなさんはサマーインターンがどのようなものなのか気になりますよね?大学三年生の筆者は、旅行会社のインターンシップに参加してきたのでその一部始終をご紹介します!

HOT NEWS

131フォロワーフォロー