Recruit

①「企業の医者」コンサルタント職とは。 その名の通り、企業の経営課題に対し「IT」を活用して提示するのがITコンサルタントの役割となります。昨今では、IT無くして企業の経営・業務は成り立たないほどITの重要性は非常に高まっており、ITを活用した業務改善、組織改編などのコンサルティング案件が非常に増えている状況です。 ①具体的な仕事内容 具体的な仕事内容としては、ITコンサルタントの基本業務の一つは「情報収集」であると言えます。ITコンサルタントはクライアントとなる企業に派遣され、ビジネスや業務内容について深く理解し、どこに課題があるのかを見極めなければいけません。そのためにはクライアントの業界や業種、市場動向などありとあらゆる情報を知っておく必要があります。とはいえ一人の情報量だけでは限りがあるので、ITコンサルタントは、各分野のスペシャリストを集めたチームを組んでクライアントの課題解決に臨む場合が多いです。 チームで見つけたクライアントの課題をIT技術でどう解決していくか考え、提案していきます。提案が採用され、システムが導入されたあとも、ITコンサルタントがシステムの運用や改善の責任者となる場合もあります。 ②細かい業務 それでは細かい業務を見ていきましょう。ITコンサルタントの中でも以下のように細かく業務が別れています。 (1)IT戦略策定やIT組織立ち上げ、ITデューデリジェンスなどのIT企画/戦略工程を担うコンサルタント(2)ビックデータ、Webマーケティング、モバイルを使った業務改善提案をするデジタルコンサルタント(3)ERP導入やSCM・CRMシステムの導入支援など、システムPJTのPMOを行うコンサルタント(4)ITのインフラやアウトソーシング、資産管理などを担うコンサルタント(5)ITに関する、リスク管理、セキュリティー対策を行うコンサルタント このようにITコンサルの中でもまたさらに細分化され、個々が強みを発揮できる場所で働いています。
1.流行りを生み出す しばしば、「企画・マーケティング」という形で一括りにされていることも多い「企画」と「マーケティング」。ですが、大雑把に分けると「企画」はサービスや商品を生み出す仕事、「マーケティング」は、サービスや商品を売り込む仕事、となります。ただ、もう少し細かく言うと、マーケティングの中に企画が含まれると捉える人が多いそうです。 ①商品企画マーケットに今求められているものは何かを消費者調査などを基に考え、競合会社の商品ラインナップなどを調査しながら、新しい商品やサービスを作り出す仕事です。何もないところから新しいものを生み出すことは、決して簡単なことではありません。だからこそ、得られるやりがいは何にも替えがたいものになることでしょう。 ②営業企画・販売促進商品、サービスを拡販するための営業手法や販促施策を考える仕事です。商品企画が誕生させた新しい商品やサービスを消費者の目にとまるような工夫をし、商品を買ったり、サービスを受けたりしてもらうための戦略を立てます。いわゆるプロモーションとよばれるものです。 ③市場調査・分析商品企画、営業企画、販売促進のベースとなる市場データを集めて、分析し、その結果を基に「どんな商品やサービスを作れば市場に受け入れられそうか」「どんなエリアが狙い目で、どのような営業戦略を立てればいいか」の方向性を示す仕事です。 ④広報多くの人に商品・サービスの魅力を伝えるため、広告戦略や広告デザイン、広告を出す媒体などを検討する仕事です。新発売のペットボトルのお茶の広告・宣伝では、商品のターゲット層に置いた若者に商品のことを知ってもらい、買ってもらうために、どんな広告を作っていくかを考えます。商品のコンセプトやターゲット層と照らして、起用するタレントやどんな世界観を広告で表現するかを検討していくのです。 このようなそれぞれの仕事が組み合わさって事業が成り立っています。マーケティングには企業の様々な部門に関する幅広い知識、情報の収集・分析能力、幅広い知識が求められるため、ほかの部署で経験を積んだ社員が配属される方が一般的です。 2.0から作り出す楽しさと厳しさ ⭕️やりがい ①「企画部門」・0から物を生み出す商品開発などの場合、何もないところから出発し商品というカタチにたどり着くまでに、多大な時間と経費、努力が必須です。だからこそ、苦難の末に、自らが関わった商品が誕生し、店頭に並んでいるのを見た時は、感無量で大きな達成感を味わえます。 ・世間からの反響自らが商品を生み出した喜びは、社会からの高い評価が加わることで、一層大きなものになります。自分の生んだ商品が売れていくのを目の当たりにしたり、消費者による商品ランキングの上位に入ったり、各種のメディアなどで客から「いいね!」の声が集まったりしたとき、大きなやりがいを感じるでしょう。
これから就活時期となる今、3月には情報解禁をして一斉に就活が始まります。自分にどの業界が合ってるか。将来やりたいことが決まっている。なんて人はほんの一握りです。逆に決まっていないのが当たり前です。自分に合ってる仕事かを知る為には、まず仕事の内容を知るべきではないでしょうか。そういった方が多数いたので、今回は仕事紹介の記事について書いてみました。 建築業界を支えている仕事「施工管理」についての記事です。あまり聞き慣れないお仕事なのでこのお仕事についての1~10まで紹介いたします。   施工管理とは 施工管理という名前自体あまり聞き慣れないと思います。施工管理のイメージどういうものが思いつくでしょうか? ・ヘルメットを被って作業している人 ・図面を持って指示している感じ ・現場の指揮監督しているイメージ 大体はこんなイメージを持っている人が多いようですが、今から施工管理について具体的に説明しましょう。   施工管理は主に4つに分けられる
人気業界"商社"の魅力とは。 ①商社とは モノを仕入れて売る、川上から川下まで商品の流れのすべての局面に関わるのが、商社です。元々は商社の仕事というのは卸売業、取次業が中心で、各種資源を日本に調達し、それらをメーカーが加工し、できた工業製品を、世界各国へ販売して外貨を稼ぐという役割を担っていました。もちろん現在でもその分野に注力していますが、メーカーも仕入れや販売に、独自の海外拠点を築くようになってきたため、積された海外ネットワークを生かした国内外企業への事業投資といった新たな業態を作り、更に業務内容を拡大しています。 ②総合商社 総合商社はその名の通り、多種多様な商材を扱っています。「ラーメンから航空機まで」といった言葉で表わされるように、幅広い商品の輸出入を担当する広義の卸売会社として、大きく発展を遂げてきました。 ③専門商社 専門商社は総合商社と違い、特定分野の商材に特化していて、専門知識やマーケティング力、ネットワーク、個々の顧客に近いところからの対応力などを活用して、顧客との取引を行います。トレードがメイン業務で、収益の柱はトレードから得られる売買マージンとなります。 世界へ羽ばたきモノを動かす ①やりがいやりがいを知ることで仕事への深い理解にも繋がり、就職に向けてのモチベーションもアップするでしょう。ここでは商社ならではのやりがいを紹介していきます。 ・人と人を繋ぐ商社は企業同士を結び付ける架け橋の役割を担います。そのため、企業と企業、人と人を繋げる仕事であり、人との繋がりを広げられる点にやりがいを感じる人は多いです。普通なら出会うことのなかった人が自分の手によって繋がり、かつ双方が利益を得られることも商社ならではの面白さと言えるでしょう。
大学3年生のみなさん、この夏、サマーインターンシップには参加しましたか?また、大学1.2年生のみなさんはサマーインターンがどのようなものなのか気になりますよね?大学三年生の筆者は、旅行会社のインターンシップに参加してきたのでその一部始終をご紹介します! 1.約8割の学生が参加するサマーインターンシップ 1-1.インターンシップとは 簡潔にいうと、インターンシップとは「就労体験」です。企業側が学生に対し職業体験を行う場を提供し、学生が実際に働くというシステムです。ただいきなり社員さんと同じように働くのは難しいため、短い期間でより会社を理解してもらえるようにしたり、やりがいを感じてもらうために特別なプログラムを組む場合も多々あります。その中でサマーインターンシップは学生の長期休暇期間である8~9月に行われることが多く、1日~2週間程度という短期間で実施され、約8割の学生が参加しています。 1-2.インターンシップの目的 インターンシップを行うメリットをいくつかあげると、①社会人や企業がどんなことをしているのか理解できる②就職活動に慣れる③自分の行きたい業界や職種がわかる④自分がやるべきことが明確になるなどがあります。またこのようなことを学べることに加え、インターンシップに参加していない他の学生より就活に有利になることもあります(例えば、インターンに参加した学生は最終面接からスタートなど)。しかし、インターンには事前に面接や選考会が行われる可能性もあります。 1-3.インターンシップとアルバイトの違い インターンシップもアルバイトも同じく企業が提供した場で働くものなので、似て非なるものです。ここでは共通点と相違点をまとめました。

HOT NEWS

134フォロワーフォロー