Summary

留学してみたい!海外でインターンしたい! でもどうやって見つけるんだ... ネット上に情報ありすぎるだろ... こんな悩みを持つ大学生に向けた必見の記事です。   通常の留学会社、留学エージェントは周知の通り社会人の大人がカウンセリングや手配を行います。しかし、マハキタは学生団体として現地の語学学校、留学事業を持つスタートアップ企業と提携することで、カウンセリングや留学プログラムの新規作成、実施手配を学生が主体となり行なっています。   「他の留学エージェントとはここが違う」 ①大学生が大学生向けに大学生の為の留学を企画、運営することでどんな留学を求めているのか、ニーズが丸わかり!! ②取り扱いプランは数週間程度の短期留学から1年の長期留学、職種豊富やインターンプランも! ③とにかく個人に寄り添ったケアとサポート、何度でも対面で相談を受け付けます。   そんなマハキタがイチオシの留学プログラムはこちら↓ JaLP(Japanese Language Program):日本語教師のインターンプログラム 海外の小学校や幼稚園、大学、政府運営機関など、様々な人に日本語教師として日本語を教えるプログラム。 授業で使うマテリアルや授業の内容、構成など1から作り上げて行きます。 将来日本語教師になりたい人はもちろん、日本で教師になりたい人、自分の殻を破りたい人など、参加に必要なものは“自己成長意欲”のみ。   E-sup(English Speaking Upgrade Program):英語のスピーキングに特化したプログラム 英語力を上げることが目的になる海外留学。 その中でもスピーキングを伸ばすことに特化したプログラムになっています。 入試にしかフォーカスしていない日本の英語教育では文法をインプットするだけでそれをアウトプットする機会はほとんど0。 日本の英語教育に欠落している英語力を伸ばすためのプログラムとなっています。   業界業種多様なインターンプログラム   アパレル、ホテル、旅行代理店、政府協力の都市開発etc 【実際に大人と一緒に働く】ことを経験できる海外ならではのインターンプログラム。 人気No. 1は空港でのグランドスタッフインターン!エアライン系に就職したい人にはもってこいのものとなっています。 他にもTOEIC,TOEFL,IELTSなどの語学試験を短期間で徹底的に上げるプランも!   とにかく個人個人のニーズに合ったプランを提供することを大事にしています。 何十万円、何百万円の費用と、人生の大事な時間。 これを費やすからには 【それに見合った成長をとげないといけない】 という多くの人が抱える不安。 それを無くすためにマハキタは全力を注ぎます!   福岡で活動する留学支援団体“Mahal.KitaQ”とは? そもそもMahal.KitaQはマハルキタキューと読み、通称はマハキタ! 福岡を拠点に活動する学生団体です。 どんな団体で何をしているのか?? 端的に書くと“学生運営の留学エージェント”です。   大学生が運営している団体、Mahal.KitaQだからこそ他の留学エージェントよりもアットホームでなおかつニーズに対応した留学を提供できます。   留学考えてるけどまだ会社とか決まってない、、 何かしたいけどなにがしたいかわらない、、 そんな大学生の味方です! 留学やインターンの話を聞きたい方、 マハキタに興味がある方はこちらのフォームへ✨   https://forms.gle/BJ3MCPT98YWnMRAp9   お問い合わせお待ちしております!
彼女との記念日に少し贅沢なデート、サークルでの合宿イベント、卒業旅行など何かと旅行やイベントに行く機会が多い学生生活‥せっかく仲間と親睦を深める機会なのにお金がないことを理由に断りたくない‥勉強や趣味を充実させるためにどうしても必要‥数ヶ月後にはまとまったお金が入るのに今月は乗り切れない‥といった状況を経験したことはありませんか?どれだけ計画的に生活をしても、急な出費で支出が収入を上回ってしまう状況は発生しがちです。ここで平均的な生活費にかかる費用を見てみましょう。   1.家賃・光熱費・食費 家賃・・・50,344円 光熱費・・・6,818円 通信費・・・7,455円 食費・・・23,000円 娯楽・嗜好品費・・・12,591円 その他日用品・医療・被服など・・・16,833円 生活費の合計・・・117,041円 全国賃貸管理ビジネス協会「全国家賃動向」2018年9月 総務省統計局「年齢階級別1世帯当たり品目別支出金額(単身世帯)」2017年
●学費、買い物、飲み会、旅行費、美容費、免許取得‥etc 学生生活を送る上で生活を圧迫する様々な支出。学生生活の常に流動的なスケジュールの中では、アルバイトだけではお金を工面できない状況は発生しがちです。 どうしよう今月の生活費足りない‥急な出費で今すぐお金が必要‥どうしても”今”欲しいものがあるけど買えない‥ そういった経験をしたことはあるのではないでしょうか? 金欠に陥いると、友達と楽しい時間を過ごしていても心の中でどこか少し暗い気持ちになったり、出会いや精神的充実などの新しいチャンスを逃してしまうことでストレスを感じてしまうことも少なくないでしょう。家賃や食費など、生活に必要不可欠なお金が足りないとなれば尚更です。 でも友達や家族から借りるのはちょっと‥ おっしゃる通りで、日常の人間関係に金銭問題を絡めるのはお勧めできません。 どうしてもお金が必要、もしくは何らかの支払い義務に追われているのであれば、まずは現状を乗り切るためにまとまったお金を短期間で工面する必要があります。 日雇いバイト、不用品売買、ソーシングと色々と選択肢はありますが、 日雇いバイトは拘束時間が長く低単価でまとまったお金は入らない。メルカリでの不用品売買は売れる保証はない。クラウドソーシングは専門的なスキルがないと稼げない。 というのが現実ではないでしょうか。 なので社会的信用の低い学生が現実的にお金を工面する手段として、審査も通りやすく、親バレしない、まとまった額が即日で手に入る学生ローンも手段の一つとしてお勧めできます。本記事では、学生ローンの借り方やメリット、注意点を徹底解説します。 学生ローンへの偏見
みなさんはどういう音楽を聴いていますか? 好みは人それぞれだ思います。今回ご紹介するのは今流行りのチルイ曲です。どれもまったりできそうな曲ばかりなので、チル好きにはたまらない記事になっております。

HOT NEWS

134フォロワーフォロー