【Fラン就活生】就活中にセクハラになった時の対処法をご紹介。

0
633

最近は「セクハラ」に対する世間の理解も深まり、適切な対策を行なっていたり、セクハラに対する規定をしっかり定めていたりする企業が増えています。しかし、就活中のセクハラに関しては就活生自身が摘発しない限り、見過ごされがちなのが現状です。どこからがセクハラに当たるのか、ということをしっかりと認識し、就活生と採用担当者という力関係の差にセクハラを我慢するのではなく、セクハラから自分の身を守ることが大切なのです。



セクハラは就活中にも

就活中でもセクハラは起こりうる

セクハラ被害に合うのは社員だけではありません。就活中のセクハラ被害者は急増しているのです。社員と学生の個人的な連絡や面会からセクハラに発展するケースや、面接時にプライバシー的な内容が含まれているケースなど、その被害状況も様々です。就活生でもセクハラを受ける可能性が高くなっている今、就活生だからと言ってセクハラを軽く考えず、いつ自分が被害にあってもおかしくないということを念頭に置いておきましょう。

 

被害者の多くは女子就活生

女性社員が少ない企業などは、女子就活生の面接や採用にマニュアルがない場合が多いです。また、採用担当者は男性社員であることがほとんどで、立場を利用したセクハラ被害が多数起きています。

もちろん男子就活生もセクハラ被害を受ける可能性は十分にあるので、自分が男だからと言ってセクハラを受けることはないと思うのは大変危険です。男女問わず、セクハラを就活中に受けるかもしれないと意識しておくことが大切です。



就活セクハラは禁止されない!?

法律はセクハラを禁止していない

セクハラについて定めている法律は、男女雇用機会均等法の11条です。現在の法律には「セクシャル・ハラスメントの禁止」という文言はありません。すなわち、セクハラは法的に禁止されておらず、有効な救済規定はないのです。セクハラは、その行為が民法上の不法行為に値するかどうかを訴えることになります。

 

就活生は法律で守られない

さらに、現在の法律では保護対象は労働者のみとなっています。就活生は保護の対象に含まれないのです。

 

セクハラに対する法の現状

現在の法律で決められているのは、「企業は、社員がセクハラを受けたことによって働きづらくなったり、不利益を被ったりしないように、社員の相談を受けたり、セクハラに適切に対応したりするための環境を整えなければならない」ということだけです。よくよく考えると、法律ではセクハラ自体を取り締まっているのではなく、企業側がセクハラが起きた際にやらなければならないことを決めているだけなのです。

これを企業が守らなかったら労働局による行政指導が入ります。しかし、行政指導が入っても、実際にセクハラがあったかどうかを労働局が法的に判断することはできないのです。

よってセクハラの被害者は、セクハラがあったと法的に判断されるには、民法上の不法行為になるかどうか訴え、裁判を起こさなければなりません。裁判を起こすとなると、精神的ダメージをさらに受けることになり、経済的な負担も大きいため、セクハラ被害者は泣き寝入りするしかないケースが多いのです。



実際にあった就活セクハラ

親身に相談にのるフリをして信用を得る手口

企業の合同説明会に参加したAさんは、志望企業の社員にたまたま声をかけられたました。自分の志望企業だと話すと、社員は自身の企業について丁寧に説明をしてくれ、Aさんも信用して連絡先を交換しました。そこから「就活どう?」といった連絡が来るようになり、Aさんは就活で悩んでいたこともあり、社員と二人で会うことになりました。場所はオフィスなどではなく飲食店でしたが、Aさんは社員を信用しきっていたこともあって、全く危険を感じていなかったそうです。しかし店は個室で、入るとすぐに腕を捕まれ、「肉体関係を持ってくれたら君を採用するように人事に掛け合うよ」と言われたそうです。Aさんは怖くなってすぐに店から逃げ出しましたが、親身になって相談にのってくれ、信用していた人が急に変わってしまったことが今もトラウマになっているそうです。

 

酒で泥酔させられ…

BさんはOB訪問で知り合った社員から「二人で飲みに行こう」と連絡が何度もきました。初めはきっぱりと断っていたのですが、何度も断り続けていたためだんだん断りづらくなっていました。その時に複数人で飲みに行こうという誘いがあり、二人でなければと思い、行くことにしました。店につくと社員と自分の二人だけで、他の人について尋ねると遅れてくると言われました。Bさんは不審に思いましたが帰る訳にもいかず、社員と二人で飲み始めることになりました。社員は「飲まないなら不採用にするぞ」などとBさんを脅し、Bさんに度数の強い酒ばかり飲ませたそうです。泥酔したBさんは体中を触られ、抵抗もできなかったそうです。



就活セクハラの実態

OB訪問・インターンシップは要注意

OB訪問やインターンシップで知り合った社員と連絡先を交換し、そこからセクハラに発展というのはよくあるパターンです。社員のことを信用しきることはせず、あくまで就活の上での関係ということを常に念頭に置いておきましょう。

 

個人的な連絡も気をつけて

企業として面接や採用の連絡があるときは、改まった形式での連絡であることがほとんどです。少しでも個人的な連絡の疑いがある場合は、企業を通じた連絡なのかしっかり確認しましょう。また、執拗に飲みに行こうと誘われたり、恋人はいるの?といったプライベートな質問をされたりするのはセクハラのサインです。

 

「二人で会おう」は危険!

個人的に会おうという趣旨の連絡がきたら要注意です。「就活に有利な情報を教えてあげるよ」と言われたり、「採用されるようにかけあってあげるよ」ともちかけられたりされても、企業や大学の見えないところで会うのはセクハラに発展してしまうかもしれません。「企業にお伺いします」などと返事をし、うまく切り返しましょう。何がセクハラになるのかをしっかり認識した上で、失礼にならないように、かつ、セクハラ被害を受ける可能性を作らないように、こちら側も上手に対応していきましょう。

 

就活セクハラのパターン

「就活相談にのるよ」

就活の相談にのるといってセクハラに発展するのは本当によくある手口です。就活の相談をのってもらうにしても、場所や時間をよく考えましょう。どれだけ就活で悩んでいても、自ら危険な所に乗り込んで行くのはやめるべきです!

 

選考有利や採用を条件にされる

「選考で有利になるようにはからうから体を触ってもいい?」「愛人関係になってくれたら採用するよ」というように、就活生にとって有益なことを条件にして肉体関係を強要されたりすることがあります。どんなにいい条件を提示されても必ず断りましょう。絶対に採用されるという保証はどこにもありません。また、たとえ採用されたとしても、就職後もずっとセクハラが続くことになります。

 

大学の後輩への悪影響をちらつかされる

「体を触らせてくれないなら、君の大学からは二度と採用しないよ」といった悪質なセクハラもあります。セクハラを断ると、大学の後輩に影響が出るのではないかと不安に思うかもしれません。特にOB訪問やインターンでは、大学の名前を考えてしまいますよね。しかし一番大切なのは自分の身を守ることです。このようなセクハラをされたら必ず大学に相談しましょう。



就活セクハラの対処法

面接時に受けたら

就活中には面接でセクハラを受けることもあります。就活生と採用担当者という力関係上、面接時はどうしても企業側に比べて学生側の立場は弱くなってしまいがちです。セクハラに上手に対応するには、どんなことがセクハラに該当するのかを知っておくのが重要です。

 

「恋人がいるかどうか」
という質問はセクハラになります。面接時には、その人の本質を知るために、一見採用とは関係なさそうな質問もされることはありますが、プライベートを深く尋ねる質問は基本的にありません。恋愛に関係することは採用やその人の評価に影響するものではないので、セクハラと考えましょう。

 

「スリーサイズを聞かれる」はもちろん、
「細いね」
「肩幅があるね」などといったことも、体型についての言及もセクハラになります。言われた側が不快だと思えばセクハラになります。

 

面接時にセクハラを受けたら基本的には面接後に企業に訴え出ることになりますが、あまりにもひどいセクハラの場合は途中退出して身を守りましょう。途中退出によって不採用になることを不安に思うかもしれませんが、面接でセクハラが起きている企業に就職してもきっといいことはありません。自分の身を守ることを第一に考えましょう。

 

可能なら証拠を残す

セクハラを受けたことを文書にして企業に提出することでもセクハラの被害を訴えることは可能です。しかし可能ならば、録音などをして証拠を残すことも大切です。音声や動画はセクハラの信憑性が高くなり、法的にも有効な証拠になります。ひどい場合は企業がセクハラの事実を隠蔽しようとすることがあるので、セクハラがあったという明らかな証拠は重要でしょう。

ただ、セクハラの証拠を無理に残そうとしてさらにセクハラの被害が増えることは絶対に避けましょう。自分の身を守ることが最優先です。

 

採用担当者に報告する

就活中にセクハラを受けたら、志望企業の採用担当者に報告をすることが大切です。この時、セクハラの詳しい内容をしっかり提出するようにしましょう。思い出すのも嫌と思うかもしれませんが、後々の自分のためだと思って頑張りましょう。辛い思いをして泣き寝入りをするのは悔しいですよね。日時や場所、セクハラをしてきた人の名前、具体的なセクハラの内容を詳細に報告しましょう。セクハラを企業に訴えることで、面接のやり直しをしてもらえる可能性もあります。

セクハラがあったらまずは企業に相談をしてみましょう。セクハラを訴え出るのは確かに勇気が必要なことですが、勇気を振り絞って声をあげましょう。声をあげることがとても大切です!

 

セクハラには頑固拒否を!

セクハラは絶対に我慢してはいけません。就活生の立場の弱さにつけこんだ悪質なセクハラをしようとする人は少なからずいます。選考や採用の結果に影響するのではないかと不安に思い、セクハラに嫌な思いをしていても耐えようとしてしまうかもしれません。でも何よりも大切なのは自分の身です。セクハラだと思ったら頑固拒否を思い切ってしましょう!何かあってからでは遅いのです。

 

まとめ

セクハラは誰でも被害者になりうります。自分は大丈夫などと考えず、セクハラをいつ受けてもおかしくないのだという意識を持つことがとても大切です。どこからがセクハラなのかということをしっかりと認識し、セクハラにあっても適切な対処をし、自分の身は自分で守りましょう。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here