【遅刻厳禁ダメ絶対】遅刻してしまったならば打てる手は全部尽くせ。

0
381

何か不足の事態があって、面接に遅刻しそう。万が一このような状態になってしまった時どうしたらいいのでしょう。連絡は何でするのが最適なのか、今後の就活にどのように影響が出るのかなど今回は遅刻してしまった時の対処法について解説したいと思います。

 

面接に遅刻しそうまず第一に連絡を

まず大前提として遅刻していいことはないのでしないように準備を怠ってはいけません。

 

連絡は電話ですること

自分が遅刻をしてしまうと分かった段階ですぐにでも電話での連絡をまずはしてください。電車の遅延でギリギリの時間になる場合も同様です。すぐに連絡を入れることで得られる効果は2つです。

 

①時間に遅れても心配をかけることがない。

②誠実な印象を与えることができる

 

面接官が1番困ってしまうのは、連絡もなしに遅れることです。もっと酷いのは土壇場でキャンセルすることです。これをされると面接官は来るはずもない学生を待つ羽目となり迷惑がかかってしまいます。

 

そしてなぜ電話なのか、メールではダメなのかと疑問を持つ方もいると思います。面接官は面接の時間が近づいてくるとパソコンや携帯電話を見ていないことがあります。なので電話で連絡をして指示を仰ぎましょう。

 

面接終了後に手紙を送るとなおよし

無事面接を時間をずらしてもらった、または別日で行えた際には社会人として謝罪と感謝のメールを送りましょう。これがあるかないかでは面接官の印象がかなり違います。

 

手紙を書く時のポイントは主に3つです。

 

①時候の挨拶

②面接のお礼

③遅刻のお詫びと反省

 

面接後に送るメールでは、謝罪の念だけでなく、面接の機会を頂けたことに対する感謝、面接の感想、そして入社意欲もしっかりと伝えましょう。

 

遅刻するとどうなるのか

「いかなる理由でも許さない」という採用担当者の言い分

いかなる理由でも、遅刻するということは「何が何でもここで働きたい」という熱意が伝わらないため、志望度が低いと見なされる場合があります。「本当に第一志望なら、トラブルに巻き込まれる可能性も想定して早めに家を出たり、他社の選考を断ってでもうちに面接に来るべきだ」と考えるようです。

「場合によっては許される」

就活真っ只中では、学生は多くの企業の選考を受けます。そのため、前の企業の選考が長引いてしまうことも十分に考えられます。また、交通機関の急な乱れや、慣れない土地での移動に戸惑うことも考えられます。そのため、理由次第では企業も臨機応変に対応してくれる場合もあるようです。



遅刻したとしても全部が終わりとなるわけではない

先ほど説明したように遅刻したからと言って全てが終わってしますわけではありません。逆に遅刻したことで印象が付いたとポジティブにとらえるくらいの心構えで挑みましょう。

 

まとめ

結論、遅刻はしないほうがいいということは間違いありません。この記事が役に立つことがないことを願うばかりです。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here