趣味が武器に?就活で趣味にもこだわったほうがいい理由とは

0
157

エントリーシートに記入する趣味。なぜ必要なのかいまいち理解できませんよね。「趣味ないから何を書けばいいのかわからない」であったり「就活に趣味が関わらない」と思っている人は多いと思います。しかしエントリーシートに記入しなければいけない趣味は選考に大きく関わってきます。なぜ選考に関わってくるのか解説していきます。

なぜ就活に趣味が必要なのか

就活においての趣味は自分の「武器」になります。たかが趣味が?と思う人は少なくないと思います。趣味は企業に対して自分をアピールすることができる大切な項目です。そして面接では話の内容を盛り上げたりと重要な役割を果たします。また数多くいる就活生がいるなかで趣味を適当に考えている人は多いはずです。だからこそチャンスとも言えます。そういった少しの差が内定の結果に影響することもあります。趣味は就活でそれほど大切なものだと理解していただければと思います。

趣味が面接での武器となる

趣味が「武器」になっていると主に面接で有利になることがあります。人事の方はエントリーシートに普通の人と違った経歴や趣味があれば気になってしまうものです。面接の時は気になった項目は質問されることが多いので面接時の会話を盛り上げ、好印象を与えることができます。好印象を与えることができれば印象に残りやすいので内定にも一歩近ずくことができます。またギャップのある趣味もおすすめです。経歴と見た目とのギャップがある趣味も印象に残りやすいので、内定に近づくことができます。

趣味は一手間加えるべき

エントリーシートに趣味を書く時はそのまま趣味を書くのではなく、一手間加えてから書きましょう。実際に書く時は趣味+説明文という2段構成がおすすめです。趣味だけであると人事の人はあなたがどのような人物なのかをイメージすることはできません。なので必ず説明文を加えるようにしましょう。説明文は簡潔にまとめて見やすいようにしましょう。

書いてはいけない趣味は…

趣味は一手間加えること自分の武器になりますが、書かないほうがよい趣味もあります。一般的にはあまり書かないほうが良い趣味を紹介していきます。

犯罪を連想させるような趣味。

これは言われなくてもわかると思います。一緒に働く仲間が趣味が犯罪に近いものが趣味というのはなかなか受け入れてもらうことはできないですね。

・ゲームやアニメ、漫画、アイドル系の趣味です。

最近では日本のサブカルチャーは有名にはなってきましたがまだまだネガティブな印象をもつ人もいます。なので書く場合はどういう風に見えているのかを周りの人に聞いてみるのもいいでしょう。

・嘘の趣味を書く

面接では趣味について深く掘り下げられる時があります。そこで嘘の趣味を書いてしまうとうまく答えることができずに嘘ということがバレてしまう可能性があります。また話が盛り上がらなければコミュニケーション能力が低いと評価されてしまいます。

まとめ

どうでしたか?趣味は使い方によっては「武器」になる可能性があります。たかが趣味ですが、されど趣味です。内定を取るために油断をせずにしっかりと準備をしていきましょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here