【猿でもわかる】就活のESについてFラン生にもわかるように簡単解説

0
1040

就活において切っては切り離すことのできないものそれがES(エントリーシート)だと思います。大学生活では書き方などを学ぶことはできないのでそう書いたらいいか困っていると思います。ESは自分の分身となり他人に自分を理解してもらうためのツールとなります。この記事を見て満足いくものに仕上げましょう。

 

ES(エントリーシート)とは?

ESは、就活において企業があなたのことを知る1番最初の資料です。考え方によっては1番最初のアピールポイントとなります。面接時の参考資料など用途は多岐にわたります。主な使い道は大きく3つです。

 

書類選考時の資料

ESはまず最初に採用にかかわる際の書類選考の際にまず必要になります。大手企業などの場合は膨大な数のESが送られてきます。書類選考で落とさず本人を見てくれという方はいらっしゃるとは思いますが書類選考で落ちるようではスタートラインにも立てないのでしっかりと書き込みましょう。

 

面接時の資料

ESは最初の段階で使うことが終わるものではありません。面接時にも使われることがあります。ESはあなたの説明書になります。志望動機や趣味など面接時に質問材料として使われます。内容と発言が食い違うことのないようにしっかりと考え込み記憶しておきましょう。

 

配属時の資料

面接が終わり採用が決まったからといってESの役目は終わりません。見事採用が決まった後も部署配属決めの際などにもう一度必要とされます。

 

書き方のポイント

早速書こうと考えたとと思います。ではうまく書くために4つのポイントを押さえて書きましょう。

 

伝えたいポイントを絞る

分かりやすく人の何かを伝える時には伝えたいものを絞ることが重要です。一度にたくさんのボールを投げられたとしても1度に受け取る事ができる数に限りがあるようにゼミ、サークル、バイト、ボランティアなどいろんなことをやってきたことを全部完璧に伝えることはできません。1つ1つの情報が浅くなってしまっては意味がありません。自分のエピソードを書き出してみて「自分の意思で行動し、何か結果につながったことをピックアップしその中でも特に印象に残っていること」をESを書くときの軸になりましょう。

 

エピソードは具体的に絞る

 

アピールしたい事が定まったらそれを的確に相手に伝えなければなりません。そのために読み手がイメージしやすいように具体的なエピソードを入れるようにしましょう。自分んが実際に体験した出来事は自分が一番理解していることなので「いつ、誰が、どこで、何を、なぜ、どのように」という項目で整理してみましょう。

 

働く人の立場で考える

ESを読む人は間違いなく企業の人事関係の方です。自分の武器や強みを伝えることは簡単ですがその武器が入社したあとどう活躍できるかをイメージできるような文章にしましょう。例えば「遅刻をしない」「締め切りを守る」これが自分の強みだとする人がいるとしましょう。しかしこの強みを理想的に伝えるには遅刻や締め切りを守るために計画性をもって物事を行ってきた結果であり「計画性がある人間」であると伝えた方がより活躍できるイメージを持ってもらうことができます。社会人となった時にどう活躍できるかを考えて改めて自分の強みについて考え直してみましょう。

 

簡潔に分かりやすく

伝えたいポイントを絞るのと同じように文章はできるだけ短く簡潔にまとめる必要があります。コツは「結論・理由・結論」の順を意識して伝えてください。結論を述べた上でその根拠となる理由、エピソードを付け加えます。「このような理由で、貴社で活躍できると考えています。」などとつけると伝わりやすくなります。

 

書くときのルール

最後に書く上で最低限守ってもらうべきルールをご紹介します。

 

・提出期限を守る

・黒色の万年筆かボールペンを使用する

・スペースからはみ出さない

・修正液は使わない

・普段の話し言葉は使わない

・誤字脱字はしない

 

これは最低限守るべきことなので必ずチェックしましょう。

 

よくある質問

学歴はいつから書けばいいのか?

新卒の就職活動であれば義務教育の終了時である中学卒業から書き始めるのが一般的です。

 

趣味特技に何を書いていいのか?

自分が打ち込み、熱中してきたものであれば基本的に何を書いても大丈夫です。面接の時の話題となることが多いので自分が話しやすい話題にすると良いでしょう。

 

大きなエピソードとなることがない

誰もが経験したことのないようなことを語る必要はありません。勉強一つを頑張ってきたにしても目標達成能力の高さ、計画性など自分の個性を伝えていきましょう。

 

まとめ

ESとはラブレターと同じようなものだと私は思います。どれだけ自分が魅力的であるかを伝え会いたいと思ってもらうことが重要です。人事の担当の方もあなた自身と会うことに価値があるかどうかを知るためにESを書いてもらっています。自分の魅力が十分に伝わるように修正に修正を重ね完璧なものに仕上げましょう。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here